弊社の「シーティング」


ここで述べる「シーティング」をあえて定義するなら、 「すべての人が、座位姿勢で行うあらゆる活動の実現のために、身体的・目的的・社会的な観点から、その姿勢を最適化するプロセス」とでも言いましょうか・・
 「良い姿勢」などという、唯一最上の姿勢などというものは存在しない。
運動学1)では「姿勢(Posture)」を以下のように説明しています。 「姿勢」=「肢位(体位)」+「構え」 ①「肢位(Position)」 :重力に対する身体の基本面との関係を示す。  立位・座位・側臥位・背臥位・腹臥位・膝立位の6つの姿勢のこと。 ②「構え(Attitude)」 :身体各部の相対的な位置関係を示す。  それぞれの肢位の中での異なる姿勢を示します。  例えば、座位の中でも長座位、端座位、あぐら座位など各身体部位の位置関係が異なる状態。
「姿勢の氷山モデル」松野案